絶対話せる!英会話

新型コロナウイルスに家族全員で感染してしまいました。

この記事は6分で読めます

実は新型コロナウイルス(COVID-19) に
感染してしまいました。
しかも家族全員で。

そういうわけなので、
皆さんもきっと興味がおありだと思いますので
・どういう症状だったのかということ、
・最近のCOVID-19の状況や
 また新たに分かってきたこと、
・カウンティから届いた検査結果の
英語も紹介しながら、今日は書いてみようと思います。

まず、新型コロナウイルス(COVID-19)
どうやってかかったのかと言いますと、
恐らく我が家のネイティブキッドが
5月14日(土)に高校のプロムパーティで
うつってきたのだと思います。

彼はその日真夜中に帰って来まして、
翌日の日曜日は熱があり、
家の中でも咳をしていました。
そして自分の部屋へこもっていました。
パピさん(←夫です)と私は、更にその翌日の月曜日、
朝起きたら風邪っぽいことに気づきました。
月曜日、パピさんは会社へ行きましたが、
早退して帰ってきました。

一方で我が家のネイティブキッドは
一日で回復したらしく、
咳は少ししていましたが、普通に学校へ行きました。
学校では風邪が流行っていると言っていたので、
多分プロムに参加した学生たちの間で
何人もかかっていたのだと思います。

その後、パピさんと私は
月曜、火曜と微熱が2日ほど続きました。
二人とも少し風邪気味なだけだと思っていましたが、
一応水曜日に検査に行くことにしました。 

ちなみに日本では、まだ10%の人も
COVID-19にかかっていませんが、
アメリカでは、2月の時点で既にほぼ60%、
つまり10人いたら、
6人の人はかかったことがあることになります。()

その後更に増えているわけですから、
5月の時点で感染することは
もはやアメリカでは珍しいことではなく、
かかった人たちの方が多いくらいです。
私の周りでも親戚一同全員経験済みです。
ということで、
いつなっていても不思議ではない状況でしたから、
一応検査に行ってみたわけです。

 


カウンティのウェブサイトで
検査予約できましたので、
受けようと思った1時間後には検査は終了。
そのテストセンターでは 
home test の箱が山積みにされており、
「自由に持って行っていいですよ。
そうしたら次回はここに来なくていいですしね。」
と言われたので2箱もらって帰ってきました。

 


テストセンターでの検査結果は、
1日~2日かかると言われましたから、
早速もらってきた検査を使うパピさん。
そして奥の部屋から
ポジティブみたいだ。」という声がしました。

じゃ、私もそうだな、と思い、
検査をやってみたところ、
案の定、ポジティブ

ポジティブ (positive) というのは、
病気が陽性ということです。
ですから、今回の場合は、
COVID-19(新型コロナウイルス)に
かかっているということになります。

Home test 自体は、テストセンターで
受けた検査と全く同じものでした。
鼻の穴に綿棒を突っ込み、その後液体と混ぜます。


センターではそこまででしたが、
Home test の場合は、その液体を少し振って
小さな検査台に浸み込ませます。
そして2本の線が現れると、
ポジティブということになります。
(下の写真は、残念なポジティブの結果。)



検査結果がポジティブだったので、
CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の
ウェブサイトで調べたところ、
少なくても5日間は自宅待機するようにと言われていました。

Stay home and away from other people for at least 5 days.

Stay home に関しては昨年、
こんな動画も作りましたが
家にいるように、ということです。

stay」というのは、
To remain in a place rather than leave と
英英辞典で書かれていますが、
去らずにそのままとある場所にいるように
ということです。

ですから「home」にそのままいるように、ということで、
そして「stay away from ~」は、
~から離れたままでいるように、ということです。
stay home」と「stay away from」で
どちらも stay が使われているので、
2つ目の stay が省略されています。

英語って面白いですよね。
「家にいるように」ということと、
「人を避けるように」ということに、
どちらも「stay」が使われています。
それは「stay」が「その状態のままでいる」
という意味を持つからですね。

つまり、
home」と「away from other people
これらの状態を保ったままでいるように、
ということです。

ということで、最低でも5日間は
人を避けるべきであることがわかりました。
その他にも気を付けることや、
あるいは症状に対して
何らかの対処法があるかもしれないと思い、
すぐに二人揃って、urgent care の
ネット診察を受けました。しかし、
特に大きな情報もなく、ただ市販の解熱剤を利用し、
水分をたくさんとること、と言われただけでした。
お医者さんには、感染日から10日間は
Self-isolation をするようにと言われました。

COVID-19が流行ってからは、
アメリカではネット診察が増えてきたので、
便利になってきています。

しばらくして、
我が家のネイティブキッドが帰ってきたので、
Guess what?」と言ったところ、
You’ve got COVID.」と察しのいい彼。
「じゃ、自分もそうだな…」ということで
受けて見たら、やはりポジティブでした。
翌日からは学校を休むことになり、
オンライン診察で診断書を書いてもらいました。

そういうわけで、3人揃って
COVID-19になったわけです。

で、今回実感したのは、
誰か一人同じ家の中でなったら、
他の人への感染を防ぐのは難しい…ということです。

と言いますのも、我が家のネイティブキッドは
日曜日は一日中自分の部屋で寝ていたので、
私達とはほとんど会話がなかったんですよね。
咳をしているな、とは思ったものの、
前日は夜中に帰ってきましたから、
そのまま邪魔をしないで寝させておいたのです。

我が家のネイティブキッドの部屋は
一番遠いところにあり、
彼専用のバスルームもあるので、
共有していたのはリビングルームとキッチンくらいです。
そしてご存じのように、アメリカの家は
日本の家よりもかなり大きいです。
(我が家はアメリカでは普通サイズです。)

そういう比較的広いアメリカの家の中で、
そんなに接していなかったのにも関わらず
パピさんも私もうつってしまったわけです。
感染力、半端ないわ…と思いました。

私達はどのvariant になったのかは知りませんが、
アメリカでは、4月の時点で既に
Omicron variant が流行していましたから、
多分そうだと思います。

ここで、どういう症状があったのかを
知りたい方もいらっしゃると思うので、
どんな症状だったかをまとめてみます。

我が家のネイティブキッドは
たった1日で回復。熱も一日でひきました。

私は熱が37.7°くらいまで出ましたが、
熱があったのは、1日半ほど。
だるさは2日ほど続き、
熱が引いた後も、頭痛が3日半くらい続きました。
熱が引いたころから、咳が始まり、
やたらと喉が渇くようになりました。
口の中がやたらと乾くため、
何となく味覚が鈍くなった気はしました。
少しですけれども。

パピさんは熱も2日ほど続き、
体がだるい日々が5日ほどあったようです。
そして今回はパピさんの症状が一番重かったです。
 
しかし3人とも、咳はずっと続きました
私は2週間くらい咳が続きました。
実はこれを書いている今も(もうすぐ3週間ですが)、
喉がイガイガしています。
ただ私の場合、風邪を引くと咳がいつも長引くので、
普段の風邪と同じような感じです。

感染してみて思ったことは、
COVID-19の症状は、私たちにとっては
普通の風邪と何も変わらなかったということでした。
但し、これが誰もがそうかと言うと、
決してそうではないとは思いますが。

私たち3人は元々かなり健康ですし、
またワクチンもブースターまで接種しているので、
症状も軽かったのだと思います。

CDCのウェブサイトにもこう書かれています。

Fully vaccinated people with a vaccine breakthrough infection are less likely to develop serious illness than those who are unvaccinated and get COVID-19.

Fully vaccinated people とは、
COVID-19のワクチンの話では、
2回ワクチンを受けた人のことをいいます。

People with 何か」で、
~を持つ人々、~を受けた人々ということです。
「people」+「with」でそれが言い表せるのが
面白いですよね。
少し英語ができる方でしたら、
ここは関係代名詞 who を使って言いそうですが、
今回はwith を使って短くされています。

で、with 以下で、
何があった人たちかと言いますと、
a vaccine breakthrough infection 
ブレイクスルー感染」、
つまり2回ワクチンを接種したのに
感染してしまった人たちのことです。
我が家のメンバーがまさにそうですね。
そして、ここまでの部分が主部です。

Be less likely to ~」は、
~する可能性が低い、ことを言います。
何が低いのかと言うと、
Develop serious illness
深刻な病気を患うこと、です。

ワクチン接種したにも関わらず
感染してしまった人たちは
深刻な病気になる可能性は低いと言っています。

それがどういう人たちと比較してかと言うと、
those who are unvaccinated and get COVID-19
those who~」は受験の時に
覚えさせられたと思います。
~する人々という意味です。
ワクチンを受けずにCOVID-19 に
かかってしまった人たちよりも、です。

そういうわけで、
我が家のメンバーは、比較的
軽い症状だったのでしょう。
また人によっては、ほぼ治った後も、
長い間症状が続くことがあり、
それは Long covidと一般的に言われていますが、
ワクチンはそのリスクも低くするそうです。

ということで、
ワクチンは受けておいてよかったようです。

また、ポジティブとなっている状態が
どれくらい続くのか気になる方も
いらっしゃるかもしれません。

我が家の場合、
ポジティブと出たのが水曜日、
その翌週火曜日に3人とも再検査を受け、
全員ネガティブになりました。
私達の感染は、恐らく土曜日と日曜日。
そして次の次の火曜日には
ネガティブになったということですから、
10日目にはネガティブになったことになります。

ネガティブの検査結果を受けて、
我が家のネイティブキッドは学校へ戻りました。
翌週から期末試験だったので、
1週早くてよかったです。

また、カウンティの検査検査は、
翌日にテキストメッセージで届きました。
Your COVID-19 results are ready.」と
いうメッセージを受け取り、
リンク先をクリックしてみると、
Coronavirus   Positive
でっかく書かれていました。



そして翌日は、カリフォルニア州の
Health Department の担当者からも
直接電話がありました。
パピさんと私、二人とそれぞれ電話で話し、
20分ほど話しました。
対応が細かいことに驚きましたが、
しかし一人あたり10分もかけて話すとなると、
これだけのケース数があるわけですから、
その電話応対にかけている人件費は
どうなるのだろう?とか
余計なことも考えてしまいましたが。^^;

このテキストで届いた文が、
文法事項満載の英文で解説したかったのですが、
それを今から解説すると
結構長くなってしまいそうなので、
それらの英文はまた次回に紹介しようと思います。

ということで、家族揃って
COVID-19 になってしまった我が家でしたが、
今は元気になりました。

こういう感じで我が家では、
COVID-19の症状は大したことはありませんでしたが、
全員がそうとは限りませんので、
皆さんは十分にお気を付けください。

 

■ YouTubeもやっています。

あわせて読みたい

  1. ストップウォッチ効果。

    2013年12月14日16:27

  2. ブログで留学生時代を回想

    2013年8月10日14:05

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!